まちかどあかり展

2014 07月11日(金)

滴り落ちる雨だれの音、澄んだ空気や湿気の匂い
見上げればぼんやりとした蒼鉛いろの雲から落ちてくる透明な滴の筋
そんな雨の日の感覚をかたちに見出そうとした

西川 千晶

夕暮れ時の空は目を眇めるほどの明るさはなく
しかし不安を煽るほどの暗さもない
外で遊びまわっていた頃、それは「もうそろそろ家に帰る時間だ」と
ゆるやかに促されているように感じた
久しぶりに眺めた夕焼けに、ふとそんな時の情景を思い出し
その明と暗の間(はざま)を明かりというかたちで表現したくなった

布施 美子貴

私たちの演出するあかりの空模様に、
是非足を運んでみてください

まちかどあかり館

第19回中山道柏原宿やいと祭
7月26日(土)前夜祭・27日(日)やいと祭本日の期間中開催

Powered by WordPress MU.